メールが冷たい・素っ気ない場合の復縁方法

復縁を進めるためにメールを送ってみたけれど、反応が素っ気ない・冷たいという場合にはどういう対応をすればいいのでしょうか?その心理を探り、対処法をお伝えします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N866_iphoneijirudansei-thumb-1000xauto-14992

メールで素っ気ない・冷たい対応をする理由とは?

男性か女性かでも若干変化しますが、冷たい=復縁が不可能ということではありません。

それは、素っ気ない対応にはだいたい以下のような3つの理由が考えられるためです。

  • あなたに対して興味がないため
  • 忙しくて返事をする余裕がないため
  • あなたのことを意識しているため、わざと冷たくすることで復縁の意思がないことを伝えようとしているため

あなたに対して興味がない

十分な冷却期間を置いた場合でも、あなたに対して興味が薄れてきている状態では、素っ気ない対応が返ってくる場合が多くなります。(冷却期間の考え方はこちらを参照

復縁メールの1通目は比較的普通に返事がきたが、回数を少し重ねるうちにそっけなくなってきた、という場合は特に注意です。

これは相手が迷惑と感じている可能性が高いので、メールを控えるべきでしょう。この時点でまたマイナスのイメージがついてしまっていますので、しばらく再度冷却期間を置いたのちにかなり変化していることや、驚きのある内容がなければ関係改善は難しいです。

焦って未練が伝わるようなメールを送ることだけは避け、落ち着いて戦略を練り直しましょう

スポンサーリンク

忙しくて返事をする余裕がない

単純に忙しいという場合もあります。もともとのメールと比較して考える必要がありますが、いずれにせよメールを畳み掛けるようなことは控えるべきです。

あなたのことを意識しているため、わざと冷たくすることで復縁の意思がないことを伝えようとしている

特に相手が男性の場合、少しの強がりも混じってこのようにわざと冷たくするケースがあります。

復縁メールの1通目から変わらず冷たいにもかかわらず返事が返ってくる、という場合、何らかの執着があなたに対してあることの表れである可能性が高いです。というのも、よほど緊急の用事でなければ本当に興味も未練もかけらもなければ無視するはずだからです。

このような場合には、しばらく連絡を続けた後ぱったり連絡をしなくなるなどの駆け引きが効果的です。

現時点で復縁の意思がなくても、意識をしているということはその後のやりとりしだいで未練が芽生え復縁に進める可能性があります。


最後のケース以外では、メールが素っ気ない場合はそれ以上同じような内容でメールは送ってはいけません。

期間を空ける、相手のテンションがとびきりあがるようなニュースが出てくるまで待つなど、工夫が必要になります。

復縁の基本をよく頭に入れながら、注意深く対処法を考えましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加