復縁の成功確率を高める謝罪と感謝メールの書き方

復縁をするにあたって、別れを切り出された側が未練を相手に伝えないために、謝罪や感謝のメールは非常に効果的です。ここでは、相手に未練を芽生えさせる効果的な謝罪と感謝のメールの書き方をお伝えします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-TSJ86_yukachi20150208100123500-thumb-1000xauto-12183

復縁の場面で謝罪と感謝メールが有効な理由

復縁では、振った側、振られた側では大きく立場が異なります。振った側が圧倒的に精神的優位に立つような形になるのが通常です。特に別れの瞬間に縋ってしまったり、泣き出してしまったりなどの感情をあらわにして別れを受け入れられないことを表現してしまった場合は、一層その立場の差が大きくなります。

謝罪と感謝のメールには、こういった復縁での立場の差を埋め、対等の状態に持っていくことで復縁を劇的に行いやすくする効果があります。

それは、謝罪と感謝が「もう別れを受け入れている。あなたに未練はありませんよ」という意思表示になるからです。

スポンサーリンク

謝罪の効果

謝罪というのは、別れの瞬間に縋ってしまったことやそれ以前の行いなどに関して「今まで迷惑かけてごめんね。感情的になって迷惑かけたことも申し訳ないと思っています」などのように自分の行いを反省していることを相手に伝えることを指します。

したがって、謝罪はあなたの素直さの表れであり、別れの理由も別れの事実も受け入れているというように認識されるのです。

また、喧嘩別れの場合にも冷却期間を置く前に謝罪をすることによって、相手の怒りを鎮めていくこともできます。

感謝の効果

感謝はあなたが別れを受け入れているばかりか、相手に感謝を伝えるということまでする強さを象徴します。特に別れの理由があなたの依存や束縛が強すぎたなどの依存体質を指摘されて別れた場合には、自分が変わったことの証明にもなり非常に効果的です。

また、多かれ少なかれ振った側にも振った事実に対して罪悪感を感じています。

この罪悪感はくせ者で、これがあることであなたへの気遣いが生まれる部分もありますが、別れ際に取り乱してしまった場合などは強い罪悪感に見舞われ、それが復縁を行う際の障害となってしますケースも見受けられます。

感謝をすることによって、「あ、自分が振ったときにひどいことをしたのも許してくれたんだな。よかった」と相手が安心することで罪悪感が軽減され、次に連絡するときに避けられるリスクを減らすことができる効果もあるのです。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加