復縁の成功確率を高める謝罪と感謝メールの書き方

謝罪・感謝メールの具体的書き方・例文

謝罪と感謝は、通常1通のメールや手紙に合わせて入れます。謝罪から始まり、最後に感謝で締める、というのがセオリーです。人間は最後の印象が強く頭に残るので、重いイメージの残る謝罪よりも前向きな感謝で締めるほうが連想するイメージがよくなるためです。

謝罪の内容については、別れの際に縋ったり未練を感じさせるような行為をしてしまった場合はそれについて、別れの理由として指摘されたものもあるのならその内容についても真摯に謝罪をするようにしましょう。間違っても弁解や言い訳を書いてはいけません。

謝罪はよほど重大な内容でない限りは、反省している旨を伝えればよいので特別な書き方も必要ありませんし、長さもそれほど必要ありません。

復縁にあたっては最も大切なのは感謝の内容です。

また、感謝の文面は日常生活でも使わないことが多いと思うので、書くのが難しいものでもあります。

感謝で書くべき内容は、それまでの過去を振り返って「してくれて嬉しかったことへの感謝」「付き合った期間が幸せだったこと」を中心に思い出を振り返ります。

そして最後の文面を「今までありがとう。元気でね。」など、感謝とこれで今までの関係は終わりで連絡はしないよ、というようなニュアンスを伝えるようにします。こうすることによって未練がないことを伝えることができます。

ただし、復縁を目指す場合は実際には冷却期間を置いた後に連絡することになるので、「もう連絡しません。さようなら」などの文章はNGです。

復縁するにあたっては信頼関係が大切なので、矛盾のある言動は危険なためです。あくまで爽やかに別れの言葉を伝えるように、心からの感謝を伝えましょう。

スポンサーリンク

感謝のメール・手紙を渡すタイミングは?

復縁がうまくいくかどうかは、別れ際の印象でほとんどが決まります。

そのため、もしあなたがまだ別れ話をされそうになったところで、最終的な別れ話をされていないのであれば別れ際のタイミングにメールを送る・手紙を渡すことが効果的です。

このときに気をつけるのは、別れ話をされたときに縋らずに最後に楽しい時間を少し過ごした後で、別れ際に「後で読んでね。今日は楽しかった。ありがとう。」というように笑顔で渡すことです。これができると、相手の中で別れた後に寂しさがこみ上げてきて、復縁をできる確率が大幅に上がります。

もっとも、このページを読まれている方のほとんどは別れの後になっているでしょう。

このタイミングが使えないとしても、別れからできるだけ早い時期に送るのが効果的です。

別れ際の雰囲気が悪くなかったのであればそのままメールを送っても効果的ですし、悪い雰囲気だった場合は「直接謝りたい」という旨を伝え、ほんの短い時間でもいいので会う時間をもらうようにした上で、上記のように楽しい時間を演出して最後に感謝の手紙を渡すと効果的です。

手紙・メールの誠実さと別れ際の素敵な印象のギャップが感謝メールのポイントなので、ここを意識してシチュエーションを作ってください。


このように、謝罪・感謝は復縁の切り札です。

よくよく考えて、よい印象を残して復縁のステップに進めるようにしていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加