社内恋愛の元彼と復縁する方法・今すぐできる7つのきっかけ作り

職場での復縁のメリットを活かす方法

別れを引きずらない

社内恋愛での復縁を成功させるためには、まずこれが最も重要です。

別れた直後は、元彼、元カノである互いを意識してしまって同然です。
しかしあなたが意識していると、相手も意識してしまうものです。

これでは、復縁への一歩を踏み出しにくくなってしまいます。

まずは、「別れを引きずっていない雰囲気を出す」ことを意識しましょう。

もちろん、心の中では引きずっていてもいいのです。
別れた直後であればそんなにすぐには立ち直れません。

「別れを引きずっていない、相手を意識していない」態度で接するということ
これを心がけてみましょう。

「元彼」ではなく「同僚」「一緒に仕事をしている人」として自然な対応を心がけてください。

同僚として、仕事に一緒に取り組む人として普通に会話が交わせるようになれば、
互いに変に意識することもなくなるでしょう。

元彼と普通に会話が交わせる関係に戻すことが、復縁への第一歩

元彼の事が忘れられない、恋しいと感じている時に、
普通に接することはそれだけでも辛いことですね。

でもあなたが元彼との復縁を望むのであれば、ここは辛くても頑張ってみましょう。
まずは普通に会話が交わせる関係に戻すことが、復縁への最初の一歩となります。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-AL101_natuin0320140830001-thumb-1000xauto-17556

社内恋愛の元彼と復縁するために、今すぐできる7つの復縁のきっかけ作り

普通に会話が交わせる関係になったら、復縁に向けてきっかけ作りをしていきましょう。

復縁したいと思った時に最も難しい状況は、
全く元彼と会ったり連絡を取る機会がないことです。
会う機会がない場合には、メールやLINE(ライン)でなんとか連絡をとり続けるしか方法がありませんが、
実際に毎日顔を合わせている職場では、復縁のチャンスはぐっと広がります
だから、社内恋愛での復縁の成功確率は普通の恋愛と比較して高くなっているのです。

スポンサーリンク
社内恋愛の元彼と復縁するために、今すぐできる7つの復縁のきっかけ作りを参考に
彼との距離を近づけていきましょう。

①良い変化や成長を彼に感じてもらう

あなたが彼と別れた理由はなんでしょうか?

人によって様々な理由があると思いますが、多くの人に共通しているのは、
付き合っているメリットよりもデメリットのほうが多くなってしまった」ことが挙げられます。

性格の不一致や
日々の生活でどうしても気に障ることがあった、
考え方や行動にどうしても目をつぶれない部分があった、など

付き合う前や付き合ってすぐの段階では気にならなかった部分も
距離が近づいていくことで、互いの嫌な部分や納得できない部分が見えてくることもあります。

互いに自分の欠点を把握できていたり、
そのようなマイナスの部分も許しあえる、補い合える関係なら付き合いも長続きしますが、
どちらか一方に負担が多くかかり過ぎてしまうと、その負担が別れの原因となります。

もし、あなたのマイナス部分の負担を、彼が強く感じていたことが別れの原因なら
そのマイナス部分を補うように努力するか、
あなたが持っている良い部分・プラスの部分を、彼に改めて感じてもうらう必要があるのです。

ワンポイントアドバイス

「プラスの部分」とは、あなたの良い変化や成長を指します。

別れの原因となったマイナス部分を正しく理解・改善し、
さらによい変化・成長をしていくことで、
彼のあなたに対する思いが変化し、復縁のきっかけとなります。

②仕事の悩みを相談する

男性は女性からの頼み事やお願いに弱いものです。
これは、別れた元カノでも基本的に同じ。

職場が同じというメリットを最大点に活かして
会社での相談や悩みを、一度打ち明けてみることが復縁のきっかけになることもあります。

「〇〇くん(元彼)しか頼る人がいなくて・・・」
「〇〇さん(元彼)の説明はとてもわかり易いから、どうしても〇〇さんに教えてほしいの」

など、どうしても元彼に相談したい理由を考え、
相手の良い部分や得意な部分を尊重したお願いをすることで、
親身相談に乗ってくれるでしょう。

ワンポイントアドバイス

この段階での彼との接触は、「しつこくしない」ことが大切です。

せっかく成長した部分を見せて、見直され始めていたのに、
「結局俺に頼りっきりか!」
と思わせてしまっては、プラスの部分が台無しですね。

お願いは、あくまで仕事をうまくいかせたいため。
仕事に真剣に取り組んでいるから、どうしても解決したい。

という真剣な気持ちを忘れないようにしましょう。

また、彼があなたのお願いを聞くことをためらったり、
嫌がったりしているようなら、しつこくしないことも大切です。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加