復縁は無理?復縁できないパターンについて

相手が信頼している占い師や友人などのアドバイスにしたがって別れたケース

意外と多いのがこのパターンで、常識では考えられなくても自分が信じ込んだことにしたがってしまう人は多いのです。

「あの人がそう予言したから」「Aちゃんがあなたとは絶対別れたほうがいいって言うから」などの理由で別れを告げられたような場合です。

これは相手の信念を覆さないといけないので、非常に困難になる上、そもそもが説得不可能な非合理的な考え方をする人であることが多いので、復縁のためのアクションの効果があまり見込めません

どちらかの両親の反対で別れてしまったケース

特に結婚などの場面において、両親が相手の社会的地位や収入、育ちなどを理由に別れさせられたようなケースです。どんなに互いに気持ちがあっても、上記のような周囲の環境はそう簡単には変化させられません。

加えて、互いの気持ち以上に両親の価値観を変えることは困難です。

スポンサーリンク
一度会っただけでなんとなく感情的に合わなかっただけであれば挽回も可能ですが、その他の環境を指摘されて別れた場合にはこれらを変えることが必要です。

それでも復縁したいのであれば、両親の価値観の上でも認められる境遇に実際に変化させるような長期的な視点が必要になるでしょう。

別れ際にひどい喧嘩をして、険悪なムードのまま音信不通になったケース

人間は一番最後の記憶を鮮明に覚えているものです。そのためそれまでの関係がよくても、ひどい喧嘩の後に一切連絡を取らないようになると、直前のイメージがトラウマになっているので互いに連絡をする際に不快感や気まずさが邪魔をします。

もしも、ひどい喧嘩をしてしまった直後なのであれば、連絡を切らすことのないようすぐに謝罪をするなど、音信不通にならない工夫をすぐにするべきです。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加