本当に必要?復縁での冷却期間の正しい活用法とは

復縁には冷却期間が必要という話を聞いたことがあるでしょう。しかし、全てのパターンの復縁に冷却期間が必要なわけではありません。それどころか、間違ったタイミングに冷却期間を取ってしまうと、うまくいくはずの復縁まで失敗してしまう危険性があります。

ここでは、正しい冷却期間の取り方についてご紹介します。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPS_umigamierumadogiwanokoibito-thumb-1000xauto-12953

復縁の冷却期間とは

復縁の冷却期間とは、言葉の通り気持ちを落ち着けて「冷静になる」期間のことを指します。

冷静になるというと自分の高まった感情を抑えるようなイメージがありますが、ここでいう冷静になるとは相手にとっても冷静になる期間を与えるという意味合いがあります。

冷却期間の主な目的としては、

  • あなたに対する悪い印象を拭う
  • 相手の高ぶった感情を落ち着ける
  • 自分が冷静になることで、復縁のための合理的な行動をできるようにする

という目的があります。

スポンサーリンク

あなたに対する悪い印象を拭う

感情は生ものですので、時間を空ければ少しずつ感情は弱くなっていきます。相手から別れを切り出している場合は、何らかの悪い印象があるために別れているケースがほとんどです。

一般的なイメージ通りの時間を空けて解決する、というような目的です。

ただし、注意点があり最後に喧嘩をしてしまったり、相手にすがってしまうことでこちらに未練があることを伝えてしまったような場合は、ただ冷却期間を取るだけではこの「悪い印象を拭う」という目的を達成することは困難です。

これについては後の対処法で説明します。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加