本当に必要?復縁での冷却期間の正しい活用法とは

相手の高ぶった感情を落ち着ける

本当に一時的な激高した感情ならば冷却期間は必要ありませんが、つき合っている期間であった嫌なことの積み重ねなど、比較的深い部分で感じている怒りや嫌悪感は別れた後もすぐには収まりません。

例えば、相手が「依存されることが苦痛で別れた」というような場合、すぐに会うことであなたのちょっとしたしぐさや言葉からそういった性質を感じ取り、「やっぱりこいつ変わってない。嫌だな」と感じられてしまう危険性が高くなります。

つまり、しぐさなどのすぐには変えられない無意識の行動が、相手の嫌な感情のトリガーを引いてしまうのです。

期間を空ければ、相手の感情が落ち着いて しぐさ=感情 となりにくくなり、復縁のためのステップを踏むことが可能になることがあります。

自分が冷静になることで、復縁のための合理的な行動をできるようにする

これは意外と大切な部分で、焦ってする復縁はなかなか上手く行きません。

期間を空けて冷静になれば自分磨きなどのアクションを取ることが可能になり、それが復縁のための基礎力をアップすることにもつながります。

スポンサーリンク

正しい冷却期間の取り方・対処法

冷却期間の目的はわかっても、どうやって冷却期間を取ったらいいのかがわからないと思います。

冷却期間を取るときには、次のようなポイントがあります。

  • 冷却期間を取る理由と目的を明確にする
  • 冷却期間を空ける直前の行動に気をつける
  • 冷却期間が終わり、連絡を取る際の内容に気をつける

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加