本当に必要?復縁での冷却期間の正しい活用法とは

冷却期間を取る理由と目的を明確にする

冷却期間は、「ただ辛いから」「なんとなく時間を空けたほうがうまく行きそうだから」というような行き当たりばったりで取ってはいけません。

本当に冷却期間は必要なのか?それはどうしてか?ということをよく考えることです。例えば、

「自分のことを嫌になったのは仕事が忙しいときと自分の不真面目さが重なったからだから、自分がしっかり時間を守る人間になりつつ彼が忙しくない時期を狙って連絡しよう」

などと、具体的な目標などまで決めて冷却期間に入るべきです。

冷却期間を空ける直前の行動に気をつける

前述したように、悪い印象を拭うには連絡をしない冷却期間に入る直前の行動が大切です。

もし喧嘩などをしてしまった場合は、必ず冷却期間の前に謝罪メールを送ってから冷却期間に入るなど、少しでもいい印象を最後に残して冷却期間に入るべきです。

というのも、人間は一番最後の印象を強く覚えておく性質があるので、連絡を取らないことであなたの情報がなくなる冷却期間ではいい印象を与えておくと、いつのまにか相手の中にいいイメージが戻ってくることがあるからです。

喧嘩をした場合は謝る、すがってしまった場合はそのときは取り乱したことを謝り、未練はないことを伝える、など、相手に悪い(もしくは舐められたままの)印象をもたれないことが重要です。

スポンサーリンク

冷却期間が終わり、連絡を取る・接点を持つ際の内容に気をつける

冷却期間をせっかく空けても、その後に取る内容が未練が見え透いた内容ではいけません

「最近どうしてる?こっちは○○でさ〜」みたいな内容では、相手に対する好意がバレてしまいます。

そのような内容ではなく、「久しぶり!いきなりごめんね!友人に頼まれて○○できる人を探しているのだけど、知り合いにいたりしないかな?」など、何か他の目的があるようなメールなどをすることが望ましいです。

もちろんバレる嘘などの内容ではまずいので、害なくわからない範囲の用事を作り出してでも、自然な内容を心がけることが大切です。


冷却期間という言葉から想像されるよりも、冷却期間は扱いが難しいものです。

ここで学んだことをしっかり頭に入れて、復縁を上手く行かせてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加