復縁を可能にする元彼や元カノとの連絡の仕方・接点の作り方

元彼や元カノと復縁したい。でも、どうやって誘ったり接点を持てばいいかわからないという人のために、復縁テクニックをお伝えします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-09-TSU88_keitaidenwatuyopon500-thumb-1000xauto-3451

元彼や元カノと接点を作り連絡を取る方法

復縁の場合、まず直接会う機会を作ることができるかどうかが鍵になるので、どうやって会う約束を取り付けるかが大切になります。

このとき、会うための口実はどんなものでもいいのです。あなたに未練があるとどうしても会うなら恋人同士のような会い方(デートや家でじっくり話すなど)を想定してしまいがちですが、別れ方によっては相手が身構えてしまうような機会だと自然に話すことができる思ったような効果が出ないことも多くあります。

そのため、自然なきっかけや流れを作って復縁を目指すことが大切です。

連絡を取る前に注意するべきポイント

実際に連絡を取る前に、実は復縁のための接点づくりのポイントが詰まっています。自分の準備ができる前に会ってしまっても、相手にいい印象を与えることができず、復縁が失敗に終わってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク
そうならないように、以下の点に注意しましょう。

  • 別れの際に指摘された点があれば、直っているか
  • 十分に自分磨きをしたか
  • 必要なら、冷却期間は十分に取れているか

別れの際に指摘された点があれば、直っているか

A型の相手など気持ちだけでなく様々な点を考慮して別れた相手の場合、別れの際に「どんなところが困っていたか」など別れの理由を指摘された点があるかと思います。例えば、「自分とのデートの直前で仕事や友人との予定を理由にすっぽかすことが多いのが嫌だった」などです。

指摘された問題点が発生することがないような環境を作れているか、それが自分の問題であれば直せているかを確認してから連絡することが大切です。

十分に自分磨きをしたか

今までの恋人気分の延長線上で連絡を取ってしまうと、どうしても自分のことがおろそかになり自分磨きが不十分なまま会ってしまいがちです。

外見・内面に関わらず会ったときに元彼・元カノに「あれ、こんなに魅力的だったっけ?」と驚かせることができるように自分磨きをすることが大切です。

必要なら、冷却期間は十分に取れているか

別れ際のパターンによっては、すぐに連絡を取ることが逆効果になる場合があります。

詳しくは復縁と冷却期間の関係の項で説明しているので、確認した上で必要なら正しく冷却期間をとってから連絡するようにしましょう。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加