喧嘩別れをしてしまった場合の復縁・仲直りの方法

別れ際にひどい喧嘩をしてしまって喧嘩別れになってしまったけれど、復縁したい。そんなあなたのために、喧嘩別れから復縁する際に注意したいポイントをまとめました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-TSJ93_punsuka20150208091008500-thumb-1000xauto-12187

喧嘩別れからの復縁の基本

喧嘩別れをしてしまった場合、どちらかが折れないことには復縁はできません。

そのため、復縁したいと考えているならこちらが先に謝る、それもできるだけ早く謝罪を伝えるのが基本です。

喧嘩の翌日、遅くとも翌々日には送るようにしましょう。それ以降になると、謝罪をしても「今更もう遅いよ!」と意地を張られてしまうことがあり、謝罪の言葉が相手に届きにくくなってしまいます。

この基本をベースに、パターン別の対処法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

別れ際に罵倒するなどひどい仕打ちをしてしまった場合

こういう場合は、すぐにメールなどで謝罪を伝えてもなかなか信用してもらえないことが多くあります。

罵倒の言葉が相手の頭に残っているので、謝罪の態度との違いから受け入れられないためです。

とにかく真摯にひどいことをしてしまったことを詫び、謝りたい気持ちをひたすら伝えていきましょう。

LINEがブロック・メールの受信拒否などがされている場合

相手が本当に怒ってかっとなった結果、繋がっている連絡手段をブロックしてしまう場合があります。

ただしこれは「絶対に連絡をしたくない」という表れとは限りません。

喧嘩のときの冷静さを欠いた行動なので、わずかに後悔の気持ちがある状態だったり意地の気持ちでそのような受信拒否などを行っていることもあります。

そのためLINE・メールが届かなくてもFacebookはそのままになっている、などの場合は、ブロックのことなどには触れずに連絡を試みてみることが有効です。

間違ってもそこで「なんでLINEブロックしたの?」などと聞いてはいけません。相手はもっと意地になり、連絡を取ろうとしてくれなくなるでしょう。

連絡手段が一切見当たらない場合は相手の家にいくなどの方法もありますが、非常にハイリスクなのでおすすめはできません。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加