喧嘩別れをしてしまった場合の復縁・仲直りの方法

謝罪した後の反応別パターン

謝罪を送った後、相手の反応もいくつかに分かれます。それによって対応方法も変わってくるので、順に見ていきましょう。

こっちもごめんね、などと謝罪の返事が返ってきた場合

ほとんどの場合、この状態であれば相手は喧嘩そのものは許してくれていますが、イコール復縁がOKということではありません。

期間が空く前にできるだけ直接会う機会を設けるようにして、復縁のための行動を開始する必要があります。

返事は来たがまだ怒っている場合

これは、内心では「もっと謝ってほしい」「関心を向けてほしい」という気持ちの表れである可能性が高くなります。そのため、対応次第で十分に復縁が可能です。

この場合は相手が自分でも処理しきれないイライラをぶつけているという場合も多くなります。

メールなどではなかなか気持ちまではすっきりしないので、さらに電話でもひたすら謝罪の気持ちを伝えた上で相手がすっきりするまで怒らせる、などの配慮が必要になります。

スポンサーリンク

メールやLINEを無視された場合

謝罪を無視する状態というのは、相当に信頼関係が壊れている状態です。

そこで必死になって謝罪を畳み掛けると、縋っているような印象も与えてしまい逆効果になります。

こういう場合は、数日経った後に改めての謝罪と「今までありがとう」というような感謝の気持ちを添えたメールを送り、その後冷却期間を置くことがおすすめです。

こうすることにより、相手に対するあなたの最後の印象を良くすることができるようになり、復縁のために再度連絡するときに効果的です。


喧嘩別れからの復縁・仲直りは、謝罪で誠意を伝えて信頼関係を取り戻すことができるかどうかにかかっています。

無視されない限りは気持ちと伝え方の問題ですから、相手を思いやる気持ちを心から伝えるようにしましょう。

それでもうまく出来ない時は、今考えていること以外の原因があるのかもしれません。

自分では原因や仲直りの方法がどうしてもわからない方は、一度相談してみるとよいでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加