元カノと復縁するためのメールテクニックとメール方法

元カノと復縁したいとき、連絡を取れる手段がメールのみという状況のときに気になるのはどういう方法・内容でメールを送れば復縁に近づけるのか、ということだと思います。

ここでは、復縁するために必要なメールの注意点をまとめていきます。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-12-PAK86_iphone6egao20141221141221500-thumb-1000xauto-5810

復縁に近づくメールテクニック・メールの方法基本

女性は基本的に、自分から別れた相手に未練を残していない場合がほとんどです。

興味のない男性に対しては女性は非常にシビアなので、興味のない段階でメールを送ればどんな内容でも逆効果になることがほとんどです。

仮に事務的な内容を装っても、相手は「自分に未練があるな。付きまとってかっこ悪い最悪な男」というようにマイナスなイメージを持たれてしまう可能性が高いでしょう。

そのため、メールはまず内容よりもタイミングを意識することが大切になります。

復縁に効果的なメール(LINE)のタイミングとは

別れ方のパターンにもよりますが、振られてしまった元カノと復縁しようとする場合は基本的に喧嘩別れなどで謝罪する場合を除き、最低でも数ヶ月などの冷却期間を置くことが望ましいです。
喧嘩別れをした場合の復縁についてはこちら

というのも、女性は直感で動くものなので、記憶が薄れた頃に連絡する分には過去のレッテルもイメージも忘れていますので、マイナスではなくゼロに近いところからスタートできる分、復縁するにあたってのハードルを一つ越えることができます。

一定の冷却期間を置く前で相手が「あなたが未練がある」と認識されるタイミングではどんな内容も効果が出にくいので、このタイミングを大切にしてください。

スポンサーリンク

復縁したいときに送るメールの内容は?

さて、上記のタイミングを見計らったら今度は送る内容を考える必要があります。

いわばそれが初対面の第一印象になるので、この内容がまずいとそれまでの冷却期間の努力も水の泡になります。

復縁のときのメールでのポイントは以下のような点が挙げられます。

  • 近況報告をしない
  • 他の女性を匂わせる内容を送らない
  • 事務的・相手にとって有益な内容を心がける

近況報告をしない

冷却期間の間に様々な努力をして自分磨きをした男性にありがちなのがこのパターンです。女性は自分に関心を向けてくれることを望みますので、自分のことをアピールする男性には本能的な嫌悪を感じます。

仮にそれが相手と復縁したいという希望の表れであっても、自分から「自分は変わった」ということをアピールすることは禁物です。

実際の復縁に至るまでの間には、「いつのまにかこんなに素敵になってる!」と変わった自分を見せることは非常に効果的ですが、それを自分から、ましてや久しぶりのメールで送ってはいけないのです。

《次のページへ続く》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加