元カノと復縁するためのメールテクニックとメール方法

他の女性を匂わせる内容を送らない

自分が相手に未練がないことを伝えようとするあまり、「今クリスマスプレゼントに悩んでるんだけど、女の子ってどういうのが好き?」などと女性関係を推測させるような内容を送ることも厳禁です。

女性は興味のある男性の女性関係には嫉妬し強い反応をしますが、興味のない人の場合は返って迷惑な情報でしかありません。冷却期間後では特にプラスでもマイナスでもないただの人なので、こういった情報は避けるようにしましょう。

事務的・相手にとって有益な内容を心がける

復縁メールの基本は自然で未練を感じさせないことです。「後輩のAが君のところの会社入りたいらしくて、紹介頼まれちゃった。忙しいと思うけど、話聞いてあげてもらえないかな?」などの事務的な出来事に対する内容などが望ましいです。

こういった関係性がない場合は、「好きって言ってた歌手のライブチケットが余ってるって友達に言われくれたんだけど、俺はいけないんだけどチケットいらない?」など、相手にとってメリットのある話題を心がけましょう。

スポンサーリンク

復縁メールの返信パターンでの対処法

このようなことに気をつけてメールを送っても、常に同じ反応が来るとは限りません。

大きく分けると「無視される」「冷たい反応が返ってくる」「好意的な反応が返ってくる」の3パターンに分けられます。

このうち「無視される」「冷たい反応が返ってくる」に関しては別項目で詳しく解説していきます。

もし好意的な反応が返ってきた場合は、そのチャンスを逃さず素早く行動しましょう。

その時点での好意的な反応はまだ強いものではないので、日が変わったりすれば気が変わってしまうかもしれません。不自然のないシチュエーションであれば、できるだけ早く電話して事務用事を進めるために会う日を決める、久しぶりに近況を話す中で自然に再会の機会に誘うなど、タイムラグのないコミュニケーションツールを活用することが必要です。


復縁メールは少しのタイミングやニュアンスで効果が大きく変わるところです。

失敗したくない復縁であれば、しっかりと知識をつけてから挑むようにしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加